ガールズバーについて

今はその数も落ち着いていますが、ガールズバーは近年増えてきたジャンルです。

繁華街で黒い服を着た男性ではなく、可愛い女の子が客引きをしているのを見たことありませんか?あれはガールズバーで働いている女の子で、客引きをしそのままお店の中でお酒を飲みながら話したりします。
これだけだとキャバクラと一緒だと思うかもしれませんが、とても大きい違いがあります。

お客さんの席に同席するのではなく、その間にバーカウンターがあり、カウンター越しに会話などを楽しむお店がガールズバーです。
もちろんボックス席もありますが、女の子は座ってくれません。これはお店のシステムの話ではなく法律で座っちゃダメと決められています。

お客さんも女の子も楽しめるガールズバー

ガールズバーはキャバクラやラウンジ等とは違い、型に囚われないお店の特色が強いのも特徴です。

メイドカフェとガールズバーと組み合わせたお店、大型スクリーンを設置し女の子と一緒に盛り上がれるスポーツバー風、レースクイーンを着た女の子が接客してくれる正統派?のガールズバーなど様々な特色のお店があります。

コスチュームの特色も強いですが、お店のシステム面や内観などもお店の特色が出ていて女の子とゆっくり話しに行くと言うよりは、楽しみに行くといった感じです。
更に料金もキャバクラと比べ安価なので気軽に女の子と楽しめるのがガールズバーです。

ガールズバーがなぜここまで自由にできるかと言うと、ガールズバーとキャバクラは基準とする法律が違うからです。
風営法を基準とするキャバクラに対し、ガールズバーはあくまでも女性スタッフが多い単なるバーなので厳しい風営法は適用されません。その為、朝方まで営業しているお店やキャッチも比較的自由に動くことができます。

ガールズバーは最近出てきたジャンルの水商売なのでそれに見合う法律がまだ追いついていない状態です。
その為、行き過ぎた接客をしているガールズバーの摘発は相次いでいます。その面はシステムや運営方法が固まっているキャバクラの方が働いている女の子からしても安心だと言えます。

お客さんも女の子もどっちも気軽!それがガールズバー

ガールズバーが近年成功している理由は数多くあり、料金はもちろん働く側にも様々なメリットがあります。

働く側のガールズバーはキャバクラとは違いノルマはありません。同伴やアフターもありません。水商売初心者に入りやすい条件が揃っていますが、その分時給は低くなります。
しかし、プライベートも時間を気をつかうキャバクラと比べ働きやすい環境になっているので、初めての水商売や副業でガールズバーで働く女の子が増えている要因にもなっています。

お客さん側のガールズバーは、何より安く楽しく女の子と飲め、コストパフォーマンスが良い。これに尽きます。
初めて水商売を始めた子、副業で働いている子、など働いている女の子に素人感があるので、それも人気の要因だと言えます。

その為、綺麗な女性に接待をされたいというニーズには全く対応していません。同じ立場で楽しむにはピッタリのお店です。

TOPに戻る

copyright(c)東京ナイトガールズ. All Rights Reserved.