キャバクラについて

女性側から水商売と言えばキャバクラ、男性側も女の子のお店に行こうと言えばキャバクラ、ナイトワークにおいてキャバクラは最もポピュラーな職業と言って良いでしょう。

また、ガールズバーやクラブ、スナックなど様々なジャンルのお店がありますが、キャバクラは厳しいお店のルールも比較的少なく、稼げる給料システムもあるので、トータルバランスがとても良いのが特徴です。
初めから給料の高いクラブに行くのはあまりオススメはできませんが、キャバクラからならオススメができます。

店内の雰囲気はガールズバーと似ている部分もあるかもしれませんが、キャバクラの場合はお客さんの席に同席して接客します。お酒を作ったり、タバコに火を付けたりです。

キャバクラ深夜遅くまで営業することは法律でできません。その代わり朝キャバ・昼キャバというものがあり、言葉通りその時間帯に営業しているキャバクラです。
料金が時間が違うので夜とはまた違った客層になります。もちろん、働いているキャストも主婦や学生が多かったりガラッと変わることもあります。

キャバクラで働くなら、せっかくだし楽しく働きたい

本気で夜の世界で生きていくんだ、稼いでやるって思っているキャストは必ずいます。思い切って入った夜の世界なので悪いことではありませんが、お店や他のキャストとの雰囲気をぶち壊してまでってのはあまりお勧めはできません。自分に合ったお店は必ずあるので探してみるのも手です。

キャバクラはキャスト同士が仲良く、プライベートでも絡むことも多くあります。もちろんキャスト同士がギスギスしているお店も当たり前にあります。
その原因はやはりお金絡み。もっと具体的に言うと、ノルマの関係上、他の子を蹴落としてまでって子は必ずいるので、それが原因で仲が悪くなったり店の中で派閥ができたりと、面倒なことが沢山あります。

どうせ働くなら楽しい雰囲気で仲良く働きたいって思うのは当たり前ですし、楽しいはずのキャバクラが台無しになってしまうのは誰も嬉しいことではありません。
体験入店からお店を選ぶ女の子は多いと思いますが、特にその部分を注視して判断しましょう。

やっぱり楽しいキャバクラ

ガールズバーとは違い、深夜まで営業はしていないので営業が終わってお店の女の子同士でご飯や遊びに行く機会が多いと思います。仕事の充実はプライベートの充実からです。

また、キャストの中には現役モデルの子も案外沢山いるので、今まで関わったことのない子なら視野が広がり、それに伴って行動範囲も広くなり、結果充実した日々を送ることもできますし、そのままモデルとして成功してしまう人もいます。

営業面も頑張れば頑張るだけお給料が増えていくので欲しい物も大抵買えるようになります。旅行も行きたいところへ行けるでしょう。やっぱりお金が無いよりは有るに越したことはありません。

交友関係も広くなり、中には企業の若社長とお付き合いしてしまう子もいます。羨ましい限りです。

キャバクラは「仕事」という世界ではなく、今後の人生の「登竜門」と言えるほど世界が広がり、女性なら一度は経験して損はない世界だと思います。

TOPに戻る

copyright(c)東京ナイトガールズ. All Rights Reserved.