六本木クラブ店長の谷Pです

こんな相談を受けることがあります。
「指名に繋がりません、やっぱり割り切って色恋もした方がいいんですか?」「入店時期は同じなのに、色恋してる人の方がお客さんをたくさん持ってる」

結論から申し上げると、、色恋は「しなくていいならしない方がいい」です。
「1回限りでいいから」「エッチしてくれたら指名するから」ノルマを達成するために、そんな甘い言葉に釣られてはいけません!

色恋をしてしまうと起こりえるリスク

  • 1)指名以前にお店にきてくれなくなる
  • 2)お店以外で会いたいと言われる(同伴はNG)
  • 3)お客さんから求められる内容の難易度が上がる

あまり難しい話ではないのですが、同じようなことで悩んでいる女の子はお客さん目線・彼女になったつもりで考えてみてください!

良い言い方をすれば「お客さんと親密な仲になれる」ですが、自分で自分の首を絞めることになります。
体の関係を持ってしまったわけですから、今までコミュニケーションだけで満足していたお客さんが満足してくれるかと考えると答えはNOだと思います。

「ノルマに追われて仕方なくお客さんと関係を持ってしまった」そんな話は珍しくもないですが、今まで通りの良いお客さんになってもらうには徐々に引き離す他ありません。
極端ですが突き放すくらいでいいかもしれません。

「実際に突き放したら、お店にきてくれなかったけど連絡は取ってる」そういう関係まで戻すことができると、良い傾向だと思ってください!
たとえお店にきてくれなくても、そのお客さんのことを特別視しているようにアプローチしていればお店に戻ってきてくれる確率も高いです。

「お店外で会ってくれないともう連絡しない」と言われる場合もあるかと思いますが、下手に出てしまうのはもっともNGな行為です。
ノルマのためにが本音だったとしても「大切な人のお願いだったから」と特別扱いをしつつ、しつこく求められたときは本気で悲しむ、、そんな女性を演じきってください。

「お店のルールとしてNGな行為なのに無理を言ってしまった」そんな罪悪感を与えられることができればアナタの勝ちです。
ただ、ほとんどの場合は戻ってきてくれないものだと割り切ってください。

逆に戻ってきてくれたお客さんについては、太客としてお店に通い続けてくれるケースが多いです。

まとめ

色恋はやっぱり「しなくていいならしない方がいい」という結論になります。

あなたの価値を下げてしまう行為になるのは間違いないので、経験値が浅いうちは接客でうまい立ち回りができるように努力することを心掛けてください。

TOPに戻る

copyright(c)東京ナイトガールズ. All Rights Reserved.